電話:0173-39-2151

〒037-0033
青森県五所川原市鎌谷町163-1

小児科 アレルギー科 アトピー 五所川原市 こどもクリニックおとも

よくある質問

問診表ダウンロード

初めてご来院される方は、こちらから問診票をダウンロードし、記入されてご持参いただければ在院時間が短縮できて便利です。

予防接種・健診予約

一般診療予約

リンク集
MOBILE SITE 上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。
予防接種・健診予約 一般診療予約

おねしょ

息子のことです。今年から、小学校に入りました。ほぼ毎日のようにおねしょをしています。本人はあまり気にしていないようですが、このまま様子を見てよいのでしょうか?

お子さんのおねしょ(夜尿症)のことで悩んでいる方は結構多いんですよ。つまり、多くのお子さんがおねしょをしているということです。

5才以上のこどもが夜間不随意に(意識なく)排尿する状態を夜尿症と呼んでいます。かなりのこどもにみられ、6才で10~15%、7才で10%、10才で5%、12才で3%、15才で1%です。男の子の方が女の子より2倍で多いです。

夜尿症は基本的に一次性(生まれてからずっと続いている)と二次性(いったん治ったのに再発したもの)に分類されます。一次性の夜尿症は、膀胱の用量や機能、尿量を調節するホルモンなどの発達が未熟なためにおこります。したがって、一次性の夜尿症は病気ではなく、排尿を調節する仕組みの発達が遅れているだけですので、時期がくれば必ず治ります。

夜尿症のこどもに対する三原則は、「焦らず、怒らず、起こさず」です。こどもがおねしょに対する罪悪感や劣等感を持つことが一番いけません。周囲の人も理解してあげましょう。

しかし、病気ではないのですが、本人が望むのであれば6~8才頃から治療の対象になります。一次性夜尿であることを確認した後に、膀胱訓練やお薬などのいろいろな対応がありますので、ご相談下さい。

でべそ

もうすぐ2ヶ月になります。おへそが、プクンとふくらんでいます。泣くと破れそうなくらいにふくらみます。大丈夫でしょうか?

臍ヘルニアといいます。いわゆるでべそです。

生後1ヶ月をすぎるころからおへそがプクンと膨らんでくることがあります。おへそのまわりの筋肉がまだ弱いので、腸が皮膚の下にもり上がってくるのです。

ほとんどが1才くらいまでに自然に治るので絆創膏固定は必要ないという説と、絆創膏固定した方が治りも早くかつきれいに治るという説があります。ケース・バイ・ケースと思いますが、絆創膏固定を希望されるのであれば、一度ご相談下さい。

単純に絆創膏をはる方法や、コインをのせたりする方法など不適切な固定法は「百害あって一利なし」ですので行わないで下さい。

熱で頭がおかしくなる

とても高い熱が出ていますが、「脳に障害が残る」ことはないのでしょうか?

熱が高いと脳に障害が残るなどと心配される方がいらっしゃいますが、熱が高いだけでそのようなことはありませんので、安心して下さい。

熱が高い時は、解熱剤を使用してもかまいませんが、解熱剤は熱によるつらさを一時的に軽くするための薬で、病気を治す薬ではありません。熱を下げることばかりに気をとられないようにしましょう。

解熱剤は、38.5度以上で、つらそうにしていたら使用することを考えましょう。高熱でも元気そうなら、使用しないで様子をみてよいでしょう。また、眠っている子を起こしてまで使用する必要はありません。6時間以上あけて使用し、1日3本までにしましょう。

Page Top